日活ロマンポルノ「牝猫たち」 池袋で生きる女の強さ

めすねこ

今回は、現在公開中のデリヘルを題材とした映画について・・・

 

ネット社会、高齢社会など、日本のひずみを拾い上げつつ、どこか憎めないダメ男、生命力ある女性を描く。「ロマンポルノ」新シリーズの映画「牝猫(めすねこ)たち」は、女性に向けたメッセージを強く意識した作品だ。白石和彌監督は「主人公は『池袋の街』。そこで生きていくことを選択した人たちがいることを感じてもらえたら」と話す。

 無店舗型性風俗店「極楽若奥様」。ネットカフェ難民、シングルマザー、不妊症といった悩みを抱えつつ生きる3人の女を描く群像劇だ。店名からして旧シリーズの名作「牝猫たちの夜」(1972年、田中登監督)が意識されているようだが、「オマージュというより枠を借りた印象。どこかパッションを引き継げればと思った」と白石監督。「すべての牝猫たちへ」というメッセージが冒頭、スクリーンに映った瞬間から涙したという主演の雅子役、井端珠里は「ゲリラ撮影で周囲の好奇の目にさらされたりしながら、雅子と私を重ねるヒントをもらった。映画のラストで雅子は自分も街も好きになれたと思う。私もうれしかった」と振り返る。

 本来は“ブラック”なはずの店の待機所が、監督のクズ男への愛情のためか、妙に居心地良く感じられてしまう。井端も「非道でクズでも、可愛く見えてしまう瞬間がある。共演の男性陣がすてきだった」と語る。作品には、かつて日活が製作した「大巨獣ガッパ」を引用した「特撮」も。「シリーズの旧作は見直さなかったけれど、ガッパは見直した。実は、若干話がシンクロしている」と白石監督。東京・新宿武蔵野館ほかで公開中。

牝猫

昨今、世間でもこうして風俗がなにかと話題になるようになりました。

日本一の高級デリヘル

ファーストクラスジャパンには

主演の井端珠里さんにも全く負けない

絶世の美女ばかりが登録しています!

最高の一夜は・・・

ぜひ、ファーストクラスジャパンで!

日本一の高級デリヘル ファーストクラスジャパン

TEL:03-6273-0410

関連記事

ページ上部へ戻る