クリスマスシーズン到来!

%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%99%e3%81%be%e3%81%99

クリスマスの歴史は古いものですが、日本でのクリスマスの歴史はどうなっているのでしょうか?

日本にクリスマスがやってきたのは、1552年のことです。

周防の国(現在の山口県)にやってきた宣教師フランシスコ・ザビエルが信徒を集めてミサを行ったことが始まりといわれています。

当時の日本ではクリスマスのことを「ナタラ」と呼んでいました。

1560年頃には、京都にキリシタンら100余名が集まり盛大な降誕祭を行ったという記録が残っています。

しかし、1617年に幕府がキリスト教禁止令を発令し、これ以降、開国までクリスマスは日本の歴史から姿を消してしまうのです。

 

明治時代に入ると、キリシタン放還令により、クリスマスが解禁となります。

明治8年には、勝海舟の家族が知人のアメリカ人家族とクリスマスパーティーを行ったという記録が残っています。

しかし、まだ一般的に知られる季節の行事ではありませんでした。

クリスマスが一般大衆に広く知られるようになったのは、明治37年の銀座への「明治屋」進出がきっかけでした。

当時は非常に珍しかったクリスマスツリーを、店頭にディスプレイしたことが大きな話題を呼び、クリスマス商戦のさきがけとなったのです。

大正時代に入ってからは、有名なホテルでクリスマス晩餐会が開かれたり、サンタクロースが日本映画に登場するなど、少しずつ日本国民に浸透していきました。

しかし、そのクリスマスブームも第二次世界大戦で影を潜めます。

戦後、混乱を極めた日本ですが、東京の有名デパートを中心に少しずつクリスマス商戦が活気を取り戻します。

朝鮮戦争勃発の頃には、戦争による特需で日本の景気が回復し、キャバレーで過ごすクリスマスが流行しました。

一般家庭にクリスマスを祝う習慣が完全に定着したのは、昭和25年頃といわれています。

そして、景気や世相の影響を受けながらも、今の日本人にはなくてはならない年末のイベントとして、私たちの生活に溶け込んでいます。

 

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9

日本のクリスマスはいつから?

「キリスト教徒ではないけど・・・」と頭のどこかで思いつつ、「メリークリスマス!」と乾杯する人は多いでしょう。

日本でのクリスマスは、1552年、現在の山口県山口市の教会で降誕祭のミサを行ったのが最初といわれています。

しかし、江戸幕府のキリスト教禁止令により表立ったミサは消えてしまいます。

再びクリスマスに灯りが当たり始めたのが明治時代。

以降、クリスマスに因んだお話やキャラクター、歌などが少しずつ広がり、人々の中にイメージが浸透していきます。

昭和3年の朝日新聞にはクリスマスが日本の年中行事になった、という記事が掲載されています。

この頃には銀座、渋谷、浅草など東京のカフェやレストランでクリスマス用のメニューが用意されたとのこと。

日本では、宗教上のことはさておき、商業的な面からクリスマスが受け入れられ普及したようですが、キリスト教の教会では信徒か否かに関わらず、全ての人に門戸が開かれており、クリスマスのミサに参加することができます。

「全ての人に無償の愛を」という教えもありますから、宗教に関わりなく、皆で乾杯し、挨拶を交わし、笑顔がこぼれるクリスマスでいいのだと思います。

 

クリスマスの夜のご予定がまだ決まっていないお客様!

日本一の高級デリヘル

ファーストクラスジャパンで

クリスマスの夜で

最高の女性で最高の

性なる一夜をお過ごしください!!

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る